表現添付について

レポートや文章などを引き続きコピーして使える世の中が普及してきました。勉強するときもPCやスマホで気になる文章をせりふ添付。気になる画像をせりふ添付。書き込みのお入り用やスクールのレポートアドは酷く罰せられるはずです。PCが普及し効率も上がってきたこの世の中でせりふ添付、そうしてそのレポートや作を我が物顔で提出する、こうした許されざる動作が海外でも日本でも起こっているのです。こうした裏話がありました。俺の通っていたハイスクールで洗い浚いおんなじレポートが2つ見つかりました。当然どちらかがうそをついているのは明白ですが相互譲らない、そのとき幸運にもレポートを出した自体と医師の押し問答が入ったメールアドレスで難を逃れたそうですがこれも犯人が本当は結果をコピーして貼り付けたそうです。無論ごとははく奪されました。書き込みのホームページでもそれはNGです。最悪入り用ができなくなります。最近ではコピーペーストツールがありますから次いでリスキーを防止してほしいものです善玉菌を増やすには繊維が豊富な食べ物がいいです

会社でもらった置時計が延々と…

勤めている会社で、小さな賞をもらいました。必ず、「エライで賞」みたいな状況の品です。
で、賞品が出たんだけど、なんかムダにデカい置時計でした~。しかも電池部門だし。少なくともソーラーのものがよかったな。
店の姓名入りだから、オンライン競り市に展示することもできないし、しまいこんでおくのもどうにかと思って、リビングに置いてみました。すると、振り子要素が結晶くさいのでできていて、回ってギンギン光って甚だしく明媚!
もらったときは「おや!?」と思ったのですが、こののがあっても殺風景な部屋にはいいかも知れません。つまり、なんとなくどうしても気に入っちゃった感じです。
でも、小さい我家にはかなりのすさまじさです。TVボードに置いたのですが、TVウィンドウに少しカブっちゃってますし。
そうして、そのアラームを飾ったあす、TVボードの上に置いてある鍋をとろうとしてアラームにぶつかり、あえなく落下。
急いで拾って見てみたら、針は動いているものの、結晶要素が動かなくなってしまいました。う~ん、気の毒。
もちろん狭苦しい我家には分不適切でしたね~チャップアップの評判は上々です

近所のコンビニの謎にせまる

近所のコンビニの店員さんがとっても感じのいい人でよく買いに行くのですが、その男女の店員さんが二人とも同じ苗字なのです。

雰囲気もとても似ていて、私はてっきり夫婦だと思っていました。しかし、二人が話をしているところをきいたのですが会話がどうも夫婦ではなさそうなのです。

「昨日の夕飯なににした。」と質問していました。もし夫婦なら、同じものを食べただろうし、そんな質問しないですよね。young man doing some shopping and salesclerk at convenience store
そうなってくると、兄弟なのか親戚なのかと謎は深まるばかりです。

もしかして、ただたんに名前が同じだけなのかもしれないですし、夫婦経営でいるから、夕飯は別々なのかもしれないですし、気になってしまいます。

しかし、私は店員さんに聞かずあえてその謎を一人追及するのが好きなのでちょくちょく通って真実にせまろうかと思います。

そういうコンビニの楽しみ方もいいかなと思います。日々かわらない平凡な一日に少しの謎でスパイスをくわえているつもりです。笑