誘拐結婚−キルギスの不思議な慣習

 中央アジアに位置するキルギス共和世の中には、邦人にとっては理解しがたい病み付きが今でも残っています。それは誘拐嫁入りです。フィールドではアラ・カチューと呼ばれていて、嫁入りのために女性がいれば誘拐してもセキュリティーについてミステリーな病み付きです。たとえば、きれない夫人とコネ嫁入りしたいと思ったら、それぞれたちに頼んで誘拐してきてもらうのです。当然この際の夫人の目標はスルーです。嫌がろうが、いまや旦那がいようが、必ず連れてしまう。誘拐を指摘した男性は、自宅でイスラム教部門の婚姻を準備して待機します。そうして必ず婚姻をさせられた女性に選択は残されていません。これは女神の導きだ、といわれ説得されます。でも夫人の目標が凄い場合は、人里離れた場所に連れて壊れ、あきらめるまでその目新しい父親と毎日できるのです。日本だと完全に犯行です。男尊女卑のイスラム圏の現実をしばしば表していますが、これまで多くのカップルはこういうアラ・カチュー方式で結婚してきました。先日異性嫁入りが増えてきたとはいえ、誘拐嫁入りは少し減りみたいにありません。借金の支払い方を調整するという考えです