中央アジアに位置するキルギス和ナショナリズムには、邦人にとっては理解しがたい日課が今でも残っています。それは誘拐婚姻です。フィールドではアラ・カチューと呼ばれていて、婚姻のために女性がいれば誘拐しても安全についてミステリーな日課です。たとえば、きれない奥様と身の回り婚姻したいと思ったら、知り合いたちに頼んで誘拐してきてもらうのです。もちろんこの際の奥様のメンタリティは度外視です。嫌がろうが、もはや妻がいようが、必ず連れて来る。誘拐を教えした男性は、自宅でイスラム教バリエーションの婚姻を準備して待機します。そうして必ず婚姻をさせられた女性に代替は残されていません。これは神の導きだ、といわれ説得されます。でも奥様のメンタリティが激しい場合は、人里離れた場所に連れて壊れ、あきらめるまでその真新しいダディーと暮しできるのです。津々浦々だと完全に犯行です。男尊女卑のイスラム圏の現状を思い切り表していますが、これまで多くのアベックはこういうアラ・カチュー仕法で結婚してきました。昨今異性婚姻が増えてきたとはいえ、誘拐婚姻は少々減りみたいにありません。債務整理の任意整理交渉は専門家に任せましょう

自分はガラスコップを集めることが趣味です。
それも昭和レトロ系の昔の膳に並んでいたであろう食器系統が大好きです。
昔のコップは不揃いなものがおおくガラスの厚みもばらつきがありそこが極めてカワイイのです。
上もポップなのにシンプルなものがおおくどうしても素敵なのです。
こんな魅力のあるガラスコップですが、これまで集めた人数は50個以来。
ほとんどが蚤の市であつめたタイプばかりです。
膳にあったであろうバラやお花の単色使いのポップなコップの顔ぶれや
アサヒビールのコップ、三ツ矢サイダーのコップ、コカコーラのコップなどのコーポレイトシステム系のタイプ
珍しいものだと、持ち手が♪になっている素晴らしいタイプ
長期間あつめました。
そういう自分ですが、近年きになっていることがあります。
一月ほど前にひっこししたのですが、そのため近くであった大きな地元の蚤の市にいけなくなってしまったのです!!
ガラスコップを集めているわたしにとっては死活もんだいなのです!!
こういう書き込みをかいていて、言動の重大さに気がついてきたので、
速く探さなくてはいけないというわたしなのでした。必死に返済するより計画的に返済することで完済を目指せます